スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

国立戒壇の場合二度の戒壇建立となることに気付け!




御遺命の本門戒壇とは、広宣流布を待って建立されるのは当然のことである


しかし、顕正会の国立戒壇思想を無理に押し通した場合、そこには大きな矛盾と二度の戒壇建設があるという点に気付かねばならない


そもそも本門戒壇建立とは、広宣流布の暁に建立されるものであり、世の中から謗法・戦争等がなくなり、真の世界平和になった暁に、誰人の反対もなく堂々と建立されるものである


それは

“広宣流布以前に前もって建てたからといって真の平和楽土ができるわけがない”

という道理からくるものであり、戒壇建設条件は一切衆生の帰依が絶対条件なのである



顕正会では広宣流布以前に
“6千万の賛同者がいれば広宣流布”
であるかのような事を言うが、それは大きな謀りである


それでは反対する残りの数千万人が謗法でも仕方がないという理論になり、広宣流布とは呼べないからだ


仮に6千万の賛同者を得て、国家的圧力で国立の戒壇を作ろうが、それでは真の仏国土が現れておらず、その為、内乱や外敵が現れて余計に世情は混沌となるのは安易に想像がつくではないか



またそれを裏付ける為に

「日本が広宣流布した暁に国立戒壇を建てる。しかし世界は未だ戦乱であるから国立戒壇は核シェルターにしなければならない」

と嘗て浅井は言っていたが、諸天も来下するという金言を忘れているのか、はたまた国立戒壇では自信がないのか、あまりに弱気な発言である


この浅井発言こそ
“国立戒壇では諸天は守護しない”
と胸の内を明かしている何よりの証拠である




浅井の核シェルター式国立戒壇論を押し通した場合、国立戒壇を二度作らねばならないことになる



すなわち

日本の広宣流布により→核シェルターの国立戒壇を作り

世界の広宣流布の時には→核シェルター式国立戒壇を壊し、真の本門戒壇を建立する


ということになる



ならば日本の広宣流布の暁には大石寺の奉安堂を核シェルターにすればよいだけであって、そのまま一天四海本因妙広宣流布を待てばよいだけではないか



本門戒壇の大御本尊は誰人に授与されたものか?


日本人限定なのか?


一閻浮提総与ではないのか?


そもそも三大秘法抄に

「三国並びに一閻浮提の人 懺悔滅罪の戒法のみならず、大梵天王・帝釈等の来下して踏み給ふべき戒壇なり」(御書1595)


とあるが、戒壇建立の暁には一閻浮提の人々が懺悔滅罪の為に参詣し、更には大梵天王や帝釈天までも来下し参詣する戒壇となるとあるが、果たして戦乱の世の中に6千万人で作られた核シェルターに世界中の人々が参詣に集まり、諸天が来下するであろうか?



最後に顕正会員は撰時抄の仰せを拝し、いかなる時をもって広宣流布なのかを知るべきである


「一閻浮提の内に八万の国あり、其の国々に八万の王あり、王々ごとに臣下並びに万民までも、今日本国に弥陀称名を四衆の口々に唱ふるがごとく、広宣流布せさせ給ふべきなり。
(乃至)
前代未聞の大闘諍一閻浮提に起こるべし。
其の時日月所照の四天下の一切衆生、或は国ををしみ、或は身ををしむゆへに、一切の仏菩薩にいのりをかくともしるしなくば、彼のにくみつる一の小僧を信じて、無量の大僧等、八万の大王等、一切の万民、皆頭を地につけ掌を合はせて一同に南無妙法蓮華経ととなうべし」(御書837-838)



顕正会員は御遺命の広宣流布を“日本国限定”とす浅井の謀りを見抜き、真に大事なのは戒壇建立ではなく一閻浮提広宣流布であるということを知るべきである


国立戒壇思想を無理に通す時、二度も本門戒壇を作らねばならず、そのような二度手間を考えなくとも、素直に一天四海本因妙広宣流布を目指し、そして一天四海本因妙広宣流布の暁に本門戒壇を建立すればよいことに気付き、戒壇が完成すれば即仏国土完成という思い込みを慎むべきである



もう一度顕正会員に問う


全人類を救う一天四海本因妙広宣流布が大事なのか?

6千万票による国立の戒壇建立が大事なのか?




冷静に考えればわかる問題であるが、未だ浅井に洗脳されきっている会員にはその深い意味がわかるわけがないであろう





スポンサーサイト
2012-11-21 : あっつぁの顕正会体験記 : コメント : 2 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-12-23 16:28 : : 編集
Re:
一番
2012-11-22 13:06 : 名無しのリスナー URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

あっつぁ

Author:あっつぁ
もと顕正会男子部支隊長だった
あっつぁ と申します

破折ブログと言うよりは
顕正会の内情暴露のブログですので
現役会員も元会員もアンチ顕正も
肩肘はらずテキトーにご覧ください

そして全員で顕正会の内部を暴露して参りましょう
http://kensyokameido9.blog50.fc2.com/

最新のコメント

あっつぁ集会総参加人数

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。