スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

〝最後に申すべき事〟との愚言を破折す2

そして平成十四年宗旨建立七百五十年の大佳節における法華講三十万総登山を怨嫉し、

〝実数わずか五万人前後の法華講員〟

〝員数合わせ〟

〝御開扉料稼ぎ〟

と口汚く罵っている。これについては先の二度の破折で詳しく教えておいた筈である。
少なくとも問答をする以上、相手の回答をよく読むべきことは小学生でも知っている常識である。

何度破折されても懲りることなく、同じ誹謗を繰り返す汝は、小学生以下の鉄面皮な恥知らずである。

またここで汝は、本門戒壇の大御本尊に対して、

〝高性能の爆発物を入手することはさして困難ではない〟

〝安普請の奉安堂では、大規模な天災地夭あるいは核爆発から、大御本尊を守護し奉ることは難しい〟

〝科学技術の粋を集め、瞬時にして地下深く格納し奉ることも可能な、堅牢の「新御宝蔵」を建設し、いかなる事態にも備えなければいけない〟

と如何にも御戒壇様を心底心配申し上げているような言を吐く。

しかしそれほど本門戒壇の大御本尊を恋慕渇仰申し上げているなら、御目通りが叶う信仰に、顕正会員を戻してあげてはどうか。

勿論、我らは汝ごときに教えられずとも、本門戒壇の大御本尊の御尊体が、かけがえのない尊極無上の法体にましますことは弁えており、大御本尊を厳護し奉ることは、我ら日蓮正宗僧俗の重大な責務である。

しかし、奉安堂は東海大地震クラスの何倍もの震度に耐える最新の耐震性能をもつ建築物である。

しかも汝は、大御本尊が正本堂から奉安殿へ御遷座された平成十年四月、奉安殿について、

「清浄にして堅固なる新奉安殿
いかなる大地震が来ようとも、戒壇の大御本尊様は絶対に御安泰であります。」(顕正新聞平成十年四月十五日付)

と述べていたではないか。
奉安堂は、奉安殿よりはるかに堅牢な建築物であることはいうまでもない。
また汝は

〝高性能の爆発物〟
〝核爆発〟

などというが、そのようなことは絶対にないと確信するのが我らの信心である。

竜口法難の光り物を見よ。
蒙古の二度の襲来における大風をみよ。
末法万年にわたり、御本仏日蓮大聖人の御法魂にまします本門戒壇の大御本尊を諸天善神が必ず守護することは疑う余地はないのである。

先の二度にわたる回答でも教えたが、汝にもう一度教えておこう。
去る平成十四年宗旨建立七百五十年の年、十月十二日、奉安堂は落慶大法要を迎え、次の十三日は落慶記念大法要の初日であった。
まるまるこの二日間にわたり、総本山は一片の浮雲すらない、真実の青天白日となった。
総本山に長く居住する僧俗も、このようなことは未聞未見であると話している。
たしかに快晴が二日続くことはあろう。
しかし何処かに一片の小雲は見られるものである。これまさに本門戒壇の大御本尊が、奉安堂の建立を御受納遊ばされ、諸天善神が慶賀の意を表したものに他ならない。

そして汝は結論として、

〝近き広布のその日まで〟
〝御開扉の中止〟

をせよと迫るのである。

この言もかつて破折してあるからよく読み返すがよい。
汝は

〝近き広布〟

というが、一体その広宣流布は誰がするのか。

大謗法の先達たる汝に率いられた堕獄決定の顕正会では広宣流布はできない。
我が日蓮正宗僧俗こそが今日、僧俗和合の真の広宣流布への道を大前進していることは既に汝に教えてある。

また
〝近き広布〟
とは何時のことか。
末法五濁悪世の闇は深い。
一人一人の国民に丁寧に仏法の道理を教え、破邪顕正の折伏を行うことは、長期間を要する命懸けの行業である。
〝近き〟
などとたばかるなかれ。

汝の
〝たばかり〟
は、御開扉を受けられぬ顕正会員をごまかす手段に過ぎまい。

もし広宣流布のその日まで御開扉が受けられないとすれば、今後ほとんどの本宗への新入信者は、一度も大御本尊にお目通りすることができぬまま臨終を迎えることとなる。
御開扉が許され、御戒壇様の広大無辺の大功徳に浴し、その歓喜で一閻浮提に折伏も進むのである。

血脈付法の御法主上人の権能である御開扉は、汝ごとき謗法者の容喙を許さぬ尊極の化儀であると知れ。


■■■■■■■■■■■

僅か五万人ねぇ

宗門は七万五千人集めたけど、顕正会は僅か五万すらいないよね

インチキ男性3万大会も、小学生に白ワイシャツ着せて、壮年部まで集めても二万三千もいなかったんだろ

全力結集でも未だに三万越えができない団体なのに、他人のやることは面白くないんだろ

それを僻み根性、または怨嫉って言うんだよ
スポンサーサイト
2010-12-28 : あっつぁの顕正会体験記 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

あっつぁ

Author:あっつぁ
もと顕正会男子部支隊長だった
あっつぁ と申します

破折ブログと言うよりは
顕正会の内情暴露のブログですので
現役会員も元会員もアンチ顕正も
肩肘はらずテキトーにご覧ください

そして全員で顕正会の内部を暴露して参りましょう
http://kensyokameido9.blog50.fc2.com/

最新のコメント

あっつぁ集会総参加人数

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。