スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

六、〝結 章 最後に申すべき事〟との愚言を破折す

六、〝結章 最後に申すべき事〟なる愚言を破折す


汝は、

〝結章 最後に申すべき事〟

として、御法主日顕上人猊下に対し、さらに許されざる謗言を重ねている。

曰く、

〝三大謗法〟

〝国立戒壇に安置し奉るべき戒壇の大御本尊〟

〝国立戒壇を抹殺するための正本堂〟

〝身延派悪侶を霊地に招き入れ〟

〝河辺慈篤への大悪言〟

と。

これらの汝の誹謗がすべて
〝たばかり〟
であることは、これまでに我らが行った破折により明白である。
よって汝が、御法主上人を
〝信なき汝〟
などと誹謗することは決して許されないことを告げておく。


1、〝一、直ちに不敬冒涜の御開扉を中止せよ〟との驕慢極まる横言を破す

汝は総本山五十九世日亨上人の『富士日興上人詳伝』における、

「開山上人は、これを弘安二年に密附せられて、正しき広布の時まで苦心して秘蔵せられたのであるが、上代にはこのことが自他に喧伝せられなかったが、いずれの時代(中古)からか、遠き広布を待ちかねて特縁により強信により内拝のやむなきにいたり、ついには今日のごとき常例となったのは、もったいない事であるから、四十余年前には、有名な某居士が懇願して月一回という事にもなったが、永続しなかった。」(二七七頁)

との仰せの一部を引き、

〝本門戒壇の大御本尊は、広布の暁の国立戒壇に始めてお出ましになる大御本尊であれば、それまでは秘蔵厳護し奉るというのが、本宗の伝統であった〟

〝途中から、遠き広布を待ちかねての、特縁・強信による「内拝」がやむなきにいたった〟

と述べ、さらに

〝この「内拝」と、汝がいま強行している「御開扉」とは、その精神において天地の差がある。汝が行なっている「御開扉」とは、戒壇の大御本尊を利用し奉っての金儲けである〟

と誹謗する。

しかしかかる汝の言い分が、無懺極まる謗言であることは言うまでもない。
汝の言う
〝金儲け〟の〝御開扉〟
とは一体、いつからのことをいうのだ。

奉安堂が建立されて以後のことか。それ以前からか。もし奉安堂以後というなら、正本堂の時にはどうなのか。また正本堂の時からというなら、御当代日顕上人の代からか、御先師日達上人の代からか。
もし日顕上人の代からと言うならその理由は何か。
日達上人の代からと言うなら、日淳上人・日昇上人の代の御開扉も
〝金儲け〟
だったというのか。

いい加減なことを言うものではない!

日亨上人は
「内拝のやむなきにいたり、ついに今日のごとき常例となった」
と、御戒壇様を御開扉奉ることは恐れ多いことではあるが、信徒の謗法罪障消滅の願い断りがたく、今日では御開扉は日常的に行われるようになったと仰せられているのである。別に今日の常例となった御開扉を
〝金儲け〟だから止めよ、
などとはけっして仰せられてはいない。
むしろ今日の御開扉のあり方を認めておられるのである。

日寛上人も、
「未だ時至らざる故に直ちに事の戒壇之れ無しと雖も、既に本門の戒壇の御本尊存する上は其の住処は即戒壇なり。其の本尊に打ち向ひ戒壇の地に住して南無妙法蓮華経と唱ふる則は本門の題目なり。志有らん人は登山して拝したまへ。」(寿量品談義・富要十巻一三一頁)

と御指南され、登山して、戒壇の大御本尊の大功徳に浴すべきことを勧めておられる。

浅井昭衛、汝自身、今日の常例となった御開扉を何度もお受けしたではないか。

しかも汝は、正本堂建立以後でさえ、昭和四十八年五月と四十九年四月の二度にわたり、許されなかったといえ、「御開扉」を願っていたではないか。

それを
〝金儲け〟〝収入の手段〟
と誹謗するとは何事か!

この罰当たりめ!!

つぎに汝は、日顕上人がいかにも金儲け主義でもあるかのように

〝昭和五十四年、猊座についたばかりの汝が西片で、「猊座についたら、途端にカネがゴロゴロ転がり込んでくるようになった」と述べていたことは、宗内で広く知られている〟

と誹謗する。
こんな下らない話を宗内の者は誰もまともに相手にしない。

所詮は異流義謗法の正信会から出た与太話であり、汝の誣言は、その猿まねに過ぎないのだ。

またさらに同年十月の全国宗務支院長会議における、

「毎日何千人と来る登山会の、その内の九十パーセント以上が学会員です。本山をお守りし、そして総本山の灯燭をお守りしていてくれるのは、実質的に学会員なのです。」(大日蓮昭和五十四年十一月号一四頁)

との御指南を取り上げ、

〝学会員こそ本山にとって大切な上得意だから疎略に扱ってはいけないと、訓辞している〟

などというが、これも切り文の悪言である。

当時の宗門は御先師日達上人が昭和五十四年五月三日、創価学会の反省懺悔をお認めになって敷かれた、善導和合路線を歩んでいた。

御当代日顕上人もこの路線を継承遊ばされたが、これに反対して宗内の秩序を乱し始めたのが活動家僧侶達(後の正信会)であった。

かかる時節において、宗務支院長に対し、本門戒壇の大御本尊まします総本山を、また全宗門を広く外護しているのは創価学会であり、創価学会を教導遊ばされ、反省せしめられた御先師日達上人が敷かれた善導和合路線のもと、宗門が一致団結して広宣流布に邁進するよう御指南遊ばされたものである。
その趣旨が僧俗和合広布前進にあられたことは言うまでもない。この御指南を、
〝上得意〟
などと揶揄する汝は、まさに無道心の者である。

さらに汝は、平成三年当時、宗門が謗法化した創価学会の登山会を中止したことを、
〝学会が登山会を中止〟
と偽り、さらにそのことを日蓮正宗信徒である創価学会員に知らせた一般紙による呼びかけを、
〝登山勧誘の広告〟
などと誹謗する。

宗門の信徒を思う慈悲の配慮すら分からないとは、汝こそまさに無慈悲な顕正会経営者である。

■■■■■■■■■■■

弁当一つ1600円で売りつける奴が何を言うか

浅井メタボ
お前こそが金儲け主義の金の亡者だ
スポンサーサイト
2010-12-28 : あっつぁの顕正会体験記 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

あっつぁ

Author:あっつぁ
もと顕正会男子部支隊長だった
あっつぁ と申します

破折ブログと言うよりは
顕正会の内情暴露のブログですので
現役会員も元会員もアンチ顕正も
肩肘はらずテキトーにご覧ください

そして全員で顕正会の内部を暴露して参りましょう
http://kensyokameido9.blog50.fc2.com/

最新のコメント

あっつぁ集会総参加人数

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。