スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

〝「戒壇の大御本尊」に対し奉る誹謗を破す〟との誣言を破折す6

また汝は、

〝これを知った細井管長は憤り、内事部において大勢の僧侶を前にして「こちらから通報するなんて、阿部はとんでもない。学会べったりでどうしようもない奴だ。向こうが聞いてくるまで、放っておけばいいんだ」(時事懇談会記録)と声を荒げた〟

と述べる。
この日達上人の御発言なるものは『時事懇談会記録』に出てくるが、汝は『時事懇談会記録』という書名を挙げて、いかにも懇談会の記録文書に日達上人のこのような御発言が記されているかのように装っている。
しかし実際はこれは、該書の「解説」の中で正信会の者によって書かれた文言であり、本当に日達上人がこのような御発言をされたかというと、信憑性はまったくない。

したがって、これについての汝の言も正信会の受け売りであり、事実とは言えないのである。

以上述べたように、本章における汝の妄言は、不正確な正信会文書の受け売りによる欺瞞と偏見の羅列に終始したものである。

「河辺メモ」は、宗内外の者による大御本尊への誹謗と、後の正信会の者による日達上人への批判を記したものであることは明白である。

御法主上人の広布を目指す尊いお姿を、汝が
〝醜悪〟
などと罵るのは、池田大作と同様の天魔の所為であるというほかはない。

なお、これまで述べてきたように、この

〝「Gは話にならない」〟

との項に出てくる日達上人のお言葉や引用される記録文書の全ては、正信会発行による『正信覚醒運動の歩み』及び『時事懇談会記録』の「解説」から抜粋し焼き直したものであり、汝の文章は僅かしかないことを指摘しておく。
このことは、汝自身が誰よりもよくわかっていよう。

〝止めを刺す〟

などと大言壮語し、四箇月もかかったわりには、異流義同士の誼で正信会の本を丸写しするという、汝昭衛のお粗末で

〝醜悪なる正体を、白日に晒〟

したのが、

〝最後に申すべき事〟

の実態なのである。


■■■■■■■■■■

あちゃ~

メタボあいたたた

メタボダッセ
スポンサーサイト
2010-12-28 : あっつぁの顕正会体験記 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

あっつぁ

Author:あっつぁ
もと顕正会男子部支隊長だった
あっつぁ と申します

破折ブログと言うよりは
顕正会の内情暴露のブログですので
現役会員も元会員もアンチ顕正も
肩肘はらずテキトーにご覧ください

そして全員で顕正会の内部を暴露して参りましょう
http://kensyokameido9.blog50.fc2.com/

最新のコメント

あっつぁ集会総参加人数

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。