スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

今改めて振り返るに退転者には魅力が無い団体だよなぁ

20080814003105
よく退転者が帰ってきたとかそういう報告があったけど、余程顕正会しか行く場所が無いんだろうと最近つくづく思うんだよなぁ。
「退転者は必ず帰ってくる」と信じて期待していた時期もあったけど、それも嘘だよなぁ。
もし本当に退転者が帰ってくるならば130万人中、125万人は帰ってくるはずなのに、その1000分の1すら帰ってこないよなぁ。
ビデオの世界では退転者が帰ってきたとの登壇があり、まるでそれが当たり前のような錯覚になることもあるけど、あれは全国から選ばれた「ただ1人」の体験であって、ビデオで身近に感じるだけで、よくよく考えればそう簡単に退転者が帰ってくるハズがないよなぁ~。現にあっつぁ自身も帰りたくないし、情報を得るだけならいいけど、わざわざ内部には戻りたいとは思わないよなぁ。たとえ顕正会でいう罰があっても顕正会には戻りたくはないよなぁ。それだけ良い思い出が無いという事だよなぁ~。センセイ流の洗脳的確信ばかり植え付けられ、気付けばまともな判断すらできなくなっちゃうからなぁ。
でも別に今さら騙されたとは思わないし、無駄な時間を費やしたとも思わないんだよなぁ。一種の娯楽程度に考えれば、顕正会があったからこそ、顕正会ネタで盛り上がる事もできたんだし、こうして皆さんにお会いできたのも顕正会のおかげだと思えるんだよなぁ。まんざら無駄な団体でも無いと思えれば、滞在時間が長くても悔しくはないんだよなぁ~。ただ、娯楽も熱くなりすぎてそればかりに打ち込みすぎちゃダメなんだよなぁ~。何事も程々が一番なんだなぁ。
スポンサーサイト
2008-08-14 : あっつぁの顕正会体験記 : コメント : 20 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

同じ思いです。
たくちゃんのパパさん
私ごときのブログに好感を持っていただき恐縮です。
お礼が遅くなりすいません。

私も、ダブルW氏をはじめとする方たちのいざこざには日蓮大聖人様の法を下げかねないと危惧しております。

お知り合いの当事者さんには、意見を厳しく言わせていただいたりしていますが・・・

結局、私たちが騒いでも立て板に水でして、やはり日蓮大聖人様のみご存知のことではないかと。

すべての物事は『なるべくしてなり、起こるべくして起こる』と言う感じで受け止め、見ております。

大聖人様のご裁断を待つのみだと・・・

特にご僧侶の方々においては、私どもが言うべきことはなく、すべては大聖人様のご裁断が必ず下ります。
きっと、私たち一信徒よりもそのご裁断は厳しいと思います。

御法主上人様も、ご僧侶の醜態の事実をお知りになられた時には本当に厳しく対処されております。

大日蓮という、ご宗門の冊子に処分理由などが掲載されます。

ご宗門に帰伏したのも、重複しますが、日蓮大聖人様がどちらに住されているのか、戒壇の大御本尊様がどちらにおわしますのか、御書などの遺してくださった法がどこに根付いているのか・・・これだけです。

人ではなく、御本仏日蓮大聖人様のおそばから離れられませんから。

皆さんも、一度、ご自身の目で大石寺をご覧になってください。

清浄な空気を全身に感じられますので。


2008-08-19 15:48 : コットンあめ URL : 編集
あっつぁ
いやぁ~いろんなブログがあるんですなぁ~。目が回りそう~。しかし最終的にここに帰ってきてコメントして下さるところがうれすぃなぁ~。まぁそんなような所ですから、皆さんの実家みたいな場所にして使って貰えればいいんだなぁ~。
2008-08-19 14:12 : あっつぁ URL : 編集
一難去って、また一難ですゎ
一信士サンご無沙汰しております。その節はブログにお邪魔し、お世話になりました。ですが「正直な方だったのですね。」は酷いなぁー(笑)大聖人様の仏法を実践する者は正直じゃなきゃイカンザキですよぉー(笑)また近い内に一信士サンのブログにもお邪魔しますので、お手柔らかにお願いしますね(^_-)

コットンあめサンのおっしゃる通り宗門にも色んな方々が居られる事でしょう。法華講員の皆さんや末寺の僧侶とは云え、それぞれ宿命もあれば罪障もある。それは顕正会員とて私を含めて同じ事がいえます。
全ての法華講員サンや宗門末寺の住職が、私が指摘した方々とは思いません。ですが、隣りの家の住人には本家の内情までは見ることも出来ませんので、実際に外面を見た事で判断せざるを得ませんので、そこはご理解下さい。
ただ、極一部の人間とは云え、誰でも閲覧可能な公のブログに於いては、その主旨を踏まえ言動には細心の注意を払う必要がありますよね。自分が一番危惧しているのは、それらのブログを閲覧した方々が、御本仏であらせられる日蓮大聖人様に対して誤解を招く事なのです。それだけは何とかしないと駄目ですよね!
それからトチロ~サンや山門入り口サン・国分ひろしサン・ありの金吾サン・南風サン等のブログは拝見させて頂いております。トチロ~サンは懐が深いな~と云う印象で、山門サンは実直な方と云う印象ですね。
2008-08-19 13:53 : たくチャンのパパ URL : 編集
あっつぁ
いやはや最近はブログでは有名人の方まで来てもらってコメントもらっちゃって、なんだかうれすぃなぁ~。あっつぁペースで適当に頑張っとりますのでよろすくお願いすま~す。
2008-08-18 21:50 : あっつぁ URL : 編集
お邪魔します
あっつぁさん、はじめまして
一信士と申します。
現役会員が言いにくい事を実に見事に綴られてますね
共感することが色々あり、注目してます。
ちょこちょこお邪魔させて下さいませ。

たくチャンのパパさん、以前はコメありがとうございます
正直な方だったのですね。誤解しておりました。
ブログに好感を持って頂きましてありがとうございます。

よろしくお願いします。
2008-08-18 21:15 : 一信士 URL : 編集
あっつぁ
話について行けないのはあっつぁだけなんだよなぁ~。う~む。もっと他人のブログをチェックしないといけないのかぁ~。まぁ顕正会の幹部でも完璧な方はマレだから、宗門でも全員が完璧な方という訳じゃないと思うんだよなぁ~。
先輩は完璧じゃなきゃやだぁ~って言う人は顕正会の時もいたけど、完璧な人はマレだと思うんだよなぁ~。皆凡夫だからなぁ。でも同じ仲間であら捜しして批判しあうのは良くないと思うなぁ。信心してると「自分が正しい」「自分は完璧」「自分の発言こそが正論」と慢心しちゃう場合があるから、気をつけなきゃいけないよなぁ。あっつぁ質素に心掛けていかないとなぁ~。
2008-08-18 18:18 : あっつぁ URL : 編集
悲しい事実だと思いますが。
宗門末寺に監禁されたり、葬儀を断るご僧侶がいらっしゃったということは、恥ずかしい話ですが、『絶対にそのようなことは無い!』とは言い切れません。
本来なら正しい信仰をしている信徒が…、ましてや僧侶であれば決してこのような人の道をはずれるよう
なことはしないのが道理です。
しかしながら現実は様々な問題は抱えています。
その一つが、先ほどの元顕正会員さんたちの事かと思います。
ですが、御法主上人様の思いは、ありがたいものなのです。これは、最近のトチロ~さんの日記http://plaza.rakuten.co.jp/nakajyou/に掲載されている日顕上人の御指南を読んで頂ければご理解頂けるかと思います。

一番、これらの事に懐きを砕かれ、恥じていらっしゃるのは、御法主上人様だと思います。

なので、全ての信徒・全ての僧侶がそうであるとは思わないで下さい。
大多数の信徒も御僧侶も良い人が多いです。
また、御宗門もそのような恥ずかしい事が起きないように最善の努力はされております。

きれいごと、言い訳でしかありませんが、私たちのような信徒の方はもちろんですが、ご僧侶の方々にも罪障も、もともとの命からの性格もあります。

みなさんが、自分自身の三毒・罪障と向き合いながら、時には流されたりしながら、日々精進し、成仏に近づく努力を重ねています。

なので、私は、人ではなく、日蓮大聖人様を見つめて信心しています。
大聖人様がご照覧ですので、ご宗門の努力は必ず実ると信じています。

寺院の世襲に関してですが、基本的に現在は行われておりません。
以前は、そこのお寺を開基された御僧侶の法類がそこを引き継ぐ(その方が次の住職を任命出来る)という伝統はあったようです。


お聞きになったことは事実なのだろう思います。


すべては日蓮大聖人様のご裁断が下ることだと思います。
許される行為ではないと思いますから。

私には、このような事が二度と起こらないように祈ることしかできませんし、大聖人様のご裁断を待つしかできないです。

必ず、ご裁断が下り、正しい方が救われるはずです。
日蓮大聖人様のお力には嘘偽りはないですから。


追記です。
ご葬儀を取り行っていただけなかった方ですが、直接、大石寺の内事部や宗務院にその事実をお話しになれば、きっと、ちゃんとした形を取っていただけると思います。

でも、一度いやな思いをしたのに、わざわざ、電話したくはないかもしれませんよね。
2008-08-18 16:22 : コットンあめ URL : 編集
お話の主張はよく理解出来ますよ~しかしながら…
ダブルW氏の件に関してはTチロ~サンが事態収拾に乗り出しておられる様ですね。
特に妙観講W氏に関しては嘘か誠か元浅井先生の側近だとか?いゃはゃ、あの様な言動の方が元顕正会員だとは…浅井先生も見る目が曇っておられたのか…
まぁー個人的には法華講員の皆様のS門サンやI信士サン・コットンあめサンには好感がもて良くプログを拝見させて頂いておりますょ('-^*)特に、私も子供を持ち育児をする親として、コットンあめサンのブログには共感を覚えております。

それから確かにコットンあめサンのおっしゃる通りで、罪障消滅も宿命転換もたゆまぬ信心の中で成るものと思っておりますし、成仏の境界も一生涯をかけて修行しなるものと同感致します。また、自分が所属していた創価学会にしろ、今の顕正会員でも様々な方がおりますので、そぅ云った方々に惑わされ大聖人様を見失ってはいけない。とのコメントはおっしゃる通り大切な事だと思います。

私は隣りの家の住人ですので本家本元の家の内情は知る由にありませんが、隣りの家の住人から見た本家である宗門はと云うと…私が顕正会員としての折伏を通して中学時代からの親友を折伏した事があったのですが、その友人は[法華講の人達にも以前に折伏を受けており、宗門末寺で日蓮正宗に入るまで返さない]と8時間近く6名の法華講員に宗門末寺に監禁された。と折伏の場で語っておりました。(親友は日蓮正宗版のお経本を持っておりました。)
また、私の知人の知り合いの母子家庭の母親は、熱心な法華講員だったそうです。ですが時代も変わり、宗門末寺の住職も息子サンの代に変わったそうです。そぅしてるうちに時は流れ、母子家庭の母親が亡くなったので娘サンが自分の属する宗門末寺に葬儀を願い出たところ、宗門末寺の住職(息子サン)は「あなたの母親はうちの講員ではない」と言い放ったそうです。これが成仏の大事を説く宗門の住職の振る舞いでしょうか?
仕方なく娘サンは、違う宗門末寺に事情を話し葬儀を願い出たそうですが「あなたの母親は(葬儀を断った)宗門末寺の法華講員サンでしたよ」と言われ葬儀を執り行う事も出来ず、葬儀屋に相談し邪宗 曹洞宗で母親の葬儀を執り行ったそうです。(母子家庭の方の、ご自宅の仏壇(御厨子)には日蓮正宗のマークがあったそうです。)
これらの話を隣りの住人ながら、実際に自分の目で見!耳で聞くと、顕正会を退転され日蓮正宗に帰伏された方々の話が、失礼ながら綺麗事にしか聞こえないのです。
2008-08-18 15:08 : たくチャンのパパ URL : 編集
こりゃ~手厳しい
おっしゃる通り、悲しい現状をさらけ出されていますね。

お名前が出ている方々は、全員、元顕正会員であると言う共通点も、不思議ですね。

元顕正会員で、ご宗門に帰依して1年足らずの方たちばかり(ダブルW氏は長いようですが)

罪障消滅・宿命転換と六根清浄は信心をたゆまず(基本は勤行)1年・3年・5年・7年・10年と積み重ねていく中に薄皮を剥がすがごとく命の汚れが落ち、境界が開けると教えていただきましたので、その途上と言うお答しかできません。

成仏の境界は一生をかけて修行する中に頂けると言うことで、罪障も大小浅深で、出る時期もいろいろですから、5年後に罪障がど~んと出る方もいるでしょうし。

方便品の最後に3回唱えるところがありますよね。あれがあっつあさんがおっしゃる『十如是』でして、あの唱えてる順に、自分のいろんな行動などが変化してくると言うことなんです。


これは、あくまでも私の考えなんですが、人を見てはどこも同じだと思うのです。顕正会でもいい人はいるし、どうしょうもない人もいますし。ご宗門も同じです。

みんな、それぞれに罪障はあるわけですから、その罪障が、いつ出てくるかなんて、わからないし・・・

だからこそ、決めては、日蓮大聖人様がどこにおわしますか、日蓮大聖人様の御心がどこにおわしますかだと思うのです。

戒壇の大御本尊様もご生骨も御書も(一部は日蓮宗にありますが)そのすべてがおわするところが、大聖人様のおそばであると。

皆さん修行中ですので、いろいろ自分自身の罪障と向き合われてると思うだけで、人の行動に惑わされて、大聖人様を見失うことにならないようにと思うだけなんです。

ただ、顕正会もそうですが、異流儀になっているところに所属していても、結局は、お隣さんでしかなく、家の主である日蓮大聖人様にお会いすることは許されない・家宝である戒壇の大御本尊様にお目通りが叶わないのが現実です。

顕正会に入信したころは、いずれご宗門に帰ると聞かされていましたが、これだけ誹謗を繰り返し、除名になっている人たちが帰れる道理が見えないですね。

ちょこっとご質問から外れたかもしれませんが、うまくまとめられずにすいません。
2008-08-18 13:15 : コットンあめ URL : 編集
あっつぁ
いわゆる十如是ですな~。相が変わると・性格が変わり、性格に変化がでると・体が変わり、体に変化がでると・その体内の力が・作動して・原因を作り・その原因を縁として・結果が現れ・報いを受ける・そしてそれは繰り返す・というようなアンバイでよかったでしたっけ~?信心をすると10段階で変化すると昔聞いたなぁ~
2008-08-18 08:45 : あっつぁ URL : 編集
素朴な疑問なのですが…
原因と結果の間に縁が入るですかぁー。なるほどぉ~勉強になりまするぅー
そぅしますと、コットンあめサンのお話では「原因を良くする縁が入ると良い結果になり、心法も穏やかになる」との事ですが、宗門の主張が正しいとして、それでは何故 宗門の方の某掲示板に於いてW氏と妙観講W氏の様な、やり取りがあるのでしょうか?某掲示板を拝見するに、言葉遣いを見ても、自分にはとても仏道修行をされてる方々とは思えない様な罵倒合戦ですが?あのやり取りは自分には、正に[修羅と悪竜の合戦]に思えてなりませんがね。あの会話を拝見して[心法が穏やかになります。]と言われても説得力がないですょ(^_-) それとも[悪い縁が入り、罪障が悪い方に転がっている]のでしょうかね? また、某ブログ内に於いても法華講員同士(K分サンとS門サン)で、一方の講員サンを"大謗法者"呼ばわりしておりましたよね?更に元モバで有名なAサンは、S門さんに対し未だに自身のブログやS門サンのブログにも謝罪の言葉が見受けられないですよね?こう云った法華講の講員サンの振る舞いを見ると、失礼ながら綺麗事を言っておられる様にしか自分には思えてならないのですょ。
まぁー他にも宗門末寺の堕落ぶりや法華講の勧誘の酷さなどありますがね。
2008-08-18 07:28 : たくチャンのパパ URL : 編集
あっつぁ
今日は久々に富士会館に行ってきますたぁ~。受付のお爺ちゃん(お爺ちゃんと言えば失礼ですが)といろいろ語っていると、なんだか楽しくなってきますたぁ~。
いつも時世の句みたいのを書いてくれるんだけど、(時世の句と言えば失礼ですが)本当に楽しかったなぁ~。さて、顕正会の今日の大会は生憎の雨に変わりましたね~。諸天が守らなくなったんでしょ~か?
2008-08-17 18:17 : あっつぁ URL : 編集
お節介ですが・・・
本当に日蓮大聖人様を御本仏と仰がれているのであれば、まずは、戒壇の大御本尊様に向い、手を合わせて、心ゆくまでお題目のみ申し上げてください。

必ず、大聖人様が正しい縁を結べるように計らってくださいます。

日蓮大聖人様は縁をとても大切にされております。

原因と結果の間に縁が入るのです。
原因があって、その原因をよくする縁に合うといい結果になるし、悪い縁が入ると、罪障がさらに悪い方向に転がるのです。

そこで、原因があって、日蓮大聖人様との正しい縁により、結果が罪障消滅・宿命転換で、ご加護として出てきます。

心法も、穏やかに変わります。

厳しいことを言わせていただきますと・・・
顕正会はご宗門からみると異流儀団体です。
正しく大聖人様との縁を頂く手続きをしていないと言うことなんですよぉ。
2008-08-17 12:31 : コットンあめ URL : 編集
あっつぁ
『顕正会を辞める=信心の退転』とは一言にいないんだけど、顕正会のせいで日蓮大聖人様の信心に誤解をしてしまって大聖人様すら疑ってしまったら、それは退転だと思えるなぁ。あっつぁも顕正グッズでは勤行していないし、それこそ昔を辿れば貧しい農民は数珠も経本も持っていない中に信心していたのだから、形にこだわらずに思いだけで勤行すればいいんじゃないかなぁ。これはあっつぁ的見解なんで信用されても困るんだけどぉ。でも勤行は大事なんだよなぁ。まだ顕正会の洗脳が抜けて無いのではと思う人もいるかもしれないけど、あっつぁは顕正会は裏切ったけど大聖人様は裏切ってないので、信心は頑張りたいんだなぁ。勝手なことばっかりなんだけど、基本的にいい加減な人間なので何かに縛られるのが嫌なんだよなぁ。とりあえず自由スタイルで内得信心して、いろんな先生方から意見を拝借しながら、頑張っていこうと思っとりま~す。深く考えずに、リラックスして気楽にいきましょ~。
2008-08-15 22:21 : あっつぁ URL : 編集
いつも楽しく読ませてもらってます。あっつぁさん、諌暁書いらね~ さん以前コメントして頂きありがとうございます。今だぽっかり穴の開いた状態で勤行もできてません。ご本尊様は信じているのに、なぜできないのか自分でもわからず、それだけ裏切られたショックが大きかったのかなあと思ってます。顕正会のお数珠やお経本を使うわけにはいかないし、数珠なしでお題目を唱えればいいのかなあと、悶々としてます。
幸い活動にはのめりこんでいなかったので、楽しく暮らしていますが、捨て身で折伏すればもっと幸せになれるんだろうなあとほんとに思ってました。でもこのブログで真実を知りました。男子部って大変なんですね。
2008-08-15 21:52 : kimi URL : 編集
あっつぁ
いいこといいますなぁ~。いつもあざ~っす。ポッカリ穴が空いても、自分の努力次第で埋まるんだよなぁ。いや、埋めなきゃいけないんだよなぁ。他力本願じゃだめなんだよなぁ。
下町育ちのあっつぁ的には茶寮は薄味なんだよなぁ~。
是非とも行きたい店ベストには入らないんだなぁ。でも健康を考えるといいかもぉ~。
2008-08-15 00:29 : あっつぁ URL : 編集
顕正だけが人生じゃないぜ
高校時代とかなら「あの頃に帰りたいなぁ」ってなるんだけど、顕正時代には苦しかった思い出しか無いからなぁ。たとえ若返ったとしても、あの頃には帰りたくね~よ~。まあ、茶寮の味が懐かしくなる事はあるけど……

ただ、茶寮も一流レストランの味って程じゃないよな。回鍋肉とかの中華系は横浜のほうが美味いし、スパゲティー系も湯切りが甘いからミートソースとか水っぽいもんな。でも、同じ値段のコンビニ弁当よりはゼンゼン美味いし健康だぜ。食材自体は良さそうだしさ。石井味噌のトン汁は絶品だったもんなぁ……

それはともかく、以前のコメントにもあったように「退転したら心にポッカリ穴が空いた」っていう人も結構いるんだろうな。無理もないよ。信じて信じて信じきっていた心の支えに、言わば裏切られたんだもんなぁ。絶望的な心境だし、それに孤独だよ。退転する時ってのは同志や上長からさんざん罵られて、だけど顕正活動のツケで友達全滅だからなぁ。誰にも相談できないんだよ。家なき子だよ……

そんな感じで心に穴が空いちゃった人は、とにかく穴を埋めるものを見つけるといいと思うぞ。スポーツでもいいし、料理でもいいし、もちろん大聖人様の真の教えを追究するのもOK牧場だろう。そこから新しい出会いとかもあって、きっと新しい希望が見つかるんじゃないかな?とにかく、顕正だけが人生じゃないってp(^-^)q

もし万一失敗したら、また退転しちゃえばいいじゃん(スッゲ~いいかげん……)。でもまあ、人生はテトリスと違って使えね~ブロックはスルー可能なんだし、自分の穴にフィットするブロックが降ってきたらサクッと貰っちゃえばいいじゃん……
2008-08-14 23:40 : 諌暁書いらね~ URL : 編集
あっつぁ
よく隊長が昔言っていたなぁ「退転者は本当は帰ってきたいんだよ。だから電話してみろ」だって。あれは嘘なんだよなぁ~。皆嫌で辞めたのに、帰るハズがないよなぁ~。一部の寂しい人くらいだよなぁ。まぁ、あっつぁも帰らないと広宣流布にならないらしいけどなぁ。
2008-08-14 18:38 : あっつぁ URL : 編集
お盆特選レースは熱いぜ!
2008-08-14 06:46 : 競艇マン URL : 編集
あっつぁさんおはようございます。まだまだ暑い日が続きますが、暴露に仕事に頑張っていきましょう。
確かに、戻ってくるというのは、まれでしょう。そこで選びに選び抜かれた人がなんとか登壇して能書きを言っているのでしょうね。
2008-08-14 06:45 : ますゆじ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

あっつぁ

Author:あっつぁ
もと顕正会男子部支隊長だった
あっつぁ と申します

破折ブログと言うよりは
顕正会の内情暴露のブログですので
現役会員も元会員もアンチ顕正も
肩肘はらずテキトーにご覧ください

そして全員で顕正会の内部を暴露して参りましょう
http://kensyokameido9.blog50.fc2.com/

最新のコメント

あっつぁ集会総参加人数

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。