スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

〝「御遺命破壊」についての反論を破す〟との詐言を破折す7

また汝は、

〝その後、小生は秋谷らに再三にわたって面談を求め、会うたびに理を以て追いつめては、執拗(しつよう)に「確認書」を求めた。そしてついに昭和四十五年九月十一日、「正本堂を、三大秘法抄・一期弘法抄に御遺命された戒壇とは言わない」旨の確認書を学会に作らせ、宗務役僧立ち合いのもとこれに署名させ、細井管長のもとに収めた〟

と手柄話のように得意げにいう。

この書は「御報告」と題されているものである。そこには、

「正本堂は三大秘法抄一期弘法抄にいうところの最終の戒壇であるとは現時において断定はしない」

とある。
このように実際の文言では、「現時において断定はしない」と将来の可能性を認めるものとなっているではないか。

それを汝はなぜ

〝正本堂を、三大秘法抄・一期弘法抄に御遺命された戒壇とは言わない〟

と文言を改変するのか。つまり汝はこの時点で正本堂が将来、御遺命の戒壇となり得ることを認めているのである。汝が居丈高に正当性を主張する様は、耳を掩うて鈴を盗むに等しいものであり、滑稽というほかはない。

もし、汝の言動が当時における創価学会の暴走の抑止力となったとしても、それは、

「魔及び魔民有りと雖も仏法を護る」(新編一〇四一頁)

という御本仏の大威力の妙用である。けっして汝個人の功績などではない。勘違いしてはいけない。

また汝は、日顕上人が汝宅を訪れ、

〝「妙信講のいうところ、大聖人の御意に叶えばこそ、宗門の大勢も変った。宗門がここまで立ち直れたのも、妙信講のおかげ……」等と神妙に挨拶した〟

という。仮に万一、そのような趣旨のお言葉があったとすれば、それは汝の言動が、創価学会の暴走の歯止めの一助となった意味が存することに対してのものであったかもしれない。

しかし、それにしても、ここは汝の異常性が際だっている。
日達上人や日顕上人の御指南に対しては、ことごとく悪態をつく汝が、少しでも有利な言葉だけは、ここぞとばかり己れを称揚する道具として強調するのである。

普通の人は通常このような場合、謙虚に恐縮するものである。ところが汝は少しも謙遜せず、ふんぞり返る。まことに汝は慢心の固まりである。

また汝は、

〝池田の執念は凄まじかった。正本堂の落成を前にして、細井管長に正本堂の意義を示す訓諭を出さしめた〟

とか

〝この訓諭により、正本堂以外に将来国立戒壇が建立されることは否定された。──これが、この訓諭に込められた池田大作の狙いであった〟

という。しかし、日達上人の昭和四十七年四月二十八日の訓諭は、

「正本堂は、一期弘法付嘱書並びに三大秘法抄の意義を含む現時における事の戒壇なり。即ち正本堂は広宣流布の暁に本門寺の戒壇たるべき大殿堂なり。」

とあるように、当時の宗門の状況において、正本堂の意義を示されたものであり、汝の田中智学流の国立戒壇の邪義と、池田大作の御遺命達成の我見との、両者を退ける意義が含まれている。

したがって、池田大作が自分の我見を破すような内容の訓諭を
〝細井管長〟に〝出さしめた〟
ことなどあろうはずがないのである。よって汝が
〝訓諭を出さしめた〟
と述べることは欺瞞であることが明白である。

また、国立戒壇の名称を使用しないことは、日達上人がすでに昭和四十五年五月三日に、

「今日では「国立戒壇」という名称は世間の疑惑を招くし、かえって、布教の邪魔にもなるため、今後、本宗ではそういう名称を使用しないことにいたします。」(大日蓮昭和四十五年六月号一七頁)

と表明されているのであるから、汝が

〝この訓諭により、正本堂以外に将来国立戒壇が建立されることは否定された。──これが、この訓諭に込められた池田大作の狙いであった〟

ということも、明らかな〝たばかり〟である。

■■■■■■■■■■■

メタボはどうしても日達上人よりも池田が偉いと見せかけ、その池田がワシを恐れてる、よってワシが一番偉いと見せたいんだよね

はぁ

困ったメタボだね

スポンサーサイト

2010-12-17 : あっつぁの顕正会体験記 : コメント : 2 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
ユージさん

お疲れ様で~す(^O^)
2010-12-17 07:11 : カラ URL : 編集
Re:
一番!
2010-12-17 06:52 : raiden URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

あっつぁ

Author:あっつぁ
もと顕正会男子部支隊長だった
あっつぁ と申します

破折ブログと言うよりは
顕正会の内情暴露のブログですので
現役会員も元会員もアンチ顕正も
肩肘はらずテキトーにご覧ください

そして全員で顕正会の内部を暴露して参りましょう
http://kensyokameido9.blog50.fc2.com/

最新のコメント

あっつぁ集会総参加人数

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。