スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

〝「御遺命破壊」についての反論を破す〟との詐言を破折す6


汝は

〝この説法が、その三日前に小生が細井管長と対面した際の強き諫めによって実現したものであることは、汝こそよくよく知っているではないか〟

というが、もしも汝の
〝強き諫め〟
によるものであるならば、なぜ日達上人は国立戒壇を否定されているのだ。
それとも汝が日達上人に国立戒壇を否定するよう強く諫めたとでもいうのか。

日達上人と日顕上人の無私の仏法守護の赤誠を悪し様に罵る汝のその姿は、謗法の在家の自己過信すなわち俗衆増上慢そのものであり、正法正師に叛逆する仏法破壊の大謗法である。

このように日達上人の御虫払会の御説法は「御本意」であり、訓諭は「僧俗一同を慰撫教導するため」であり、日顕上人はこの御意を体して『国立戒壇論の誤りについて』を執筆遊ばされたのである。

また汝は、

〝細井管長が……自発的な信念でなかったからこそ、池田に巻き返されれば、またすぐ元の誑惑に戻ってしまったのである。見よ。その十一日後の四月十七日には、池田に強要されたのであろう、小生に対し電話で、次の事項に随うよう唐突に言って来た。「①日蓮正宗を国教にする事はしない。②国立戒壇とは云わない、民衆立である。③正本堂を以て最終の事の戒壇とする。④今日はすでに広宣流布である。よって事の戒壇も立つのである」これを小生にメモさせ、何としてもこれに随ってほしいと、震える声で伝えて来られたのである。以来、細井管長は、小生の諫めに値えば本心を取り戻し、池田に会えばまた誑惑に協力するという変節を繰り返したのであった〟

と述べ、さらにその後

〝五月二十九日に……細井管長は秋谷らに「正本堂は三大秘法抄に御遺命された戒壇ではないのです。まだ広宣流布は達成されてません。どうか学会は訂正して下さい」と頼むようにいわれた。これを聞いた秋谷らは、「今さら何を」という面持ちで、憤然として席を立った〟

と述べて、日達上人が変節漢であるかのように悪口罵詈している。まことに汝が小人であることを自白する弁である。日達上人が、仮に汝のいうとおりのことを仰ったとしても、汝に対しては池田大作らの主張を、また池田・秋谷らに対すれば汝の主張を述べられたのは、大慈悲の上から、双方の主張を代弁されて、汝と池田大作らとの見解を歩み寄らせることによって融和を図られ、その邪義を改善しようとされたのである。

このような手法は世間でも通途に行われていることであって、井の中の蛙の汝が知らないだけである。
日達上人の御慈悲は、国立戒壇に固執する汝をもどこまでも救おうとされて、その意見に対し真摯に耳を傾けられたのである。ところが、了見の狭い、小人そのものの汝は、日達上人を逆恨みしているに過ぎないのだ。

■■■■■■■■■■■

ここはメタボ武勇伝としては一番信憑性がないところなんですよね

日達上人は既に亡くなられているから、いくらでも好きなことが言えて、いくらでも美化できるんだよね

まるでメタボが一番偉いという風なニュアンスで書かれてるんだけど、証拠が何もないから自己申告だけでいくらでも話を作れるんだよね

因みにメタボがごねても日達上人はわざわざ会いに来て対応されてるけど、顕正会員がメタボに直言しようものならソッコーで除名なんだよね

ワシに文句を言うんじゃない

という慢心野郎だから仕方ないんだけどね

スポンサーサイト

2010-12-17 : あっつぁの顕正会体験記 : コメント : 1 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
ゴミ新聞(12月15・25合併号)に法子ちゃんが出てたけど相変わらず訳が分からん。
2010-12-17 12:53 : オーマン URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

あっつぁ

Author:あっつぁ
もと顕正会男子部支隊長だった
あっつぁ と申します

破折ブログと言うよりは
顕正会の内情暴露のブログですので
現役会員も元会員もアンチ顕正も
肩肘はらずテキトーにご覧ください

そして全員で顕正会の内部を暴露して参りましょう
http://kensyokameido9.blog50.fc2.com/

最新のコメント

あっつぁ集会総参加人数

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。