スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

〝「御遺命破壊」についての反論を破す〟との詐言を破折す4


また汝は

〝「国主立戒壇」なる新たなたばかりを言い出していることは、断じて許されない〟

などと述べる。
これについては後述するが、日顕上人は『一期弘法抄』の
「国主此の法を立てらるれば」
の御文に忠実に、そのまま「国主立戒壇」と仰せなのであり、まさに正義であり正論である。
これを〝たばかり〟などと謗る汝の悪言こそ〝たばかり〟であり、大聖人の御金言の意に背く大謗法である。


1、〝一、「二冊の悪書」についての釈明の欺瞞〟との欺言を破す

汝は
〝二冊の悪書を書いた理由について、返書に、「当時、教学部長をしていたものだから、結局、日達上人の御指南を承りつつ、私が書くことになってしまった」(取意)などと、あたかも被害者のような顔をしているが、これは真っ赤な嘘。実は池田の特命を受け、チャンス到来とばかり、この大悪事を引き受けたのである〟

と述べ、さらに日顕上人が創価学会における
〝妙信講作戦〟

〝教義論争〟

〝宗門対策〟
の担当であるかのように罵っている。

ここで汝の挙げた資料は創価学会の内部文書である。彼等が勝手に阿部教学部長(日顕上人)の役割を位置づけたものであり、日顕上人の関知されるところではない。
汝は、汝のもっとも嫌悪する創価学会の資料を悪用して日顕上人を陥れようとしているのである。まことに無節操にして卑劣な所業である。

また汝は、

〝当時の状況を見れば、「日達上人の御指南を承りつつ」の何と白々しいことか。悪書執筆に当って、汝の指南役を務めたのは細井管長ではなく、池田が差し向けた学会の弁護士・検事グループだった〟

というが、まことにふざけた言である。

考えてもみよ。
二書に示された戒壇の法門は、日達上人の御指南を賜りつつ、日顕上人が在懐される本宗教学の深義の上から、戒に関する法門の蘊奥を傾けられて執筆遊ばされたものである。
仏法に不案内な門外漢の創価学会側の弁護士や検事に、仏法の深義中の深義である本宗の戒壇の法門が分かるわけがないではないか。

もっともそれ以上に分からなかった汝は、まさに無知丸出しといえよう。手を扣って笑うべし。

■■■■■■■■■■■

なんでもかんでも学会のせいにするメタボのアホさ

まるで池田がメタボを恐れているかのように宣伝し、ワシは池田よりも偉いと見せる為の姑息な手段を使ってるけど、池田はメタボなんか恐れてもいないぜ

勘違いしすぎだっつ~の

スポンサーサイト
2010-12-17 : あっつぁの顕正会体験記 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

あっつぁ

Author:あっつぁ
もと顕正会男子部支隊長だった
あっつぁ と申します

破折ブログと言うよりは
顕正会の内情暴露のブログですので
現役会員も元会員もアンチ顕正も
肩肘はらずテキトーにご覧ください

そして全員で顕正会の内部を暴露して参りましょう
http://kensyokameido9.blog50.fc2.com/

最新のコメント

あっつぁ集会総参加人数

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。