スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

″第二章「御遺命破壊」についての反論を破す〟との詐言を破折す


三、〝第二章 「御遺命破壊」についての反論を破す〟との詐言を破折す

汝は、悪書の第二章を

″御遺命破壊についての反論を破す〟

と題し、日顕上人が『国立戒壇論の誤りについて』と『本門事の戒壇の本義』を執筆されたことを

〝御本仏の一期の御遺命を破壊せんとするほどの大罪〟

と決めつけた上、その執筆理由を

〝宗門を牛耳る権力者・池田大作の寵を得れば、宗門の最高位にも登れると夢見た〟

ためとし、さらに

〝選挙に狂奔する池田にとって、評論家たちの「学会が目的とする国立戒壇は、政教分離を規定した憲法に違反する」との批判はもっとも痛かった。ここに彼は国立戒壇を否定するのに「民衆立の戒壇・正本堂」という誑惑を思いついた。そして汝に「国立戒壇論の誤りについて」と「本門事の戒壇の本義」という二冊の悪書を書かせ、あたかも正本堂が御遺命の戒壇に当るかのごときたばかりをさせたのである〟

と罵っている。

日顕上人が二書を執筆された理由は、ほかでもない。汝昭衛と池田創価学会の戒壇に関する見解がともに本宗の本義に外れていたからである。

終戦後、新憲法の下に折伏弘教の勢いは未曽有の成果を収め、まさに広宣流布の時代の到来を感じさせるものがあった。

御遺命の戒壇建立は本宗僧俗の悲願である。そこに正本堂の建立とが相俟って、戒壇について次第に不統一な見解が生じたのである。

特に、池田大作の正本堂建立即御遺命の達成と固執する見解と、汝昭衛の田中智学流の国立戒壇に固執する見解が、ともに正義に外れていたことは大問題であった。

宗門としてはこれらの異義を是正善導する必要が生じたのである。

この経緯に関して、日顕上人は平成十六年八月の全国教師講習会の砌、

「浅井の問題に関連した形で宗門と学会とが、日達上人の御指南を承りつつ、どうしてもやらざるをえなかったのが正本堂の意義付けということでありました。私は当時、教学部長をしていたものだから結局、このことについて私が書くことになってしまい、昭和四十七年に
『国立戒壇論の誤りについて』

という本を出版したのです。
また、そのあとさらに、これは少しあとになるが、五十一年に『本門事の戒壇の本義』というものを、内容的にはやや共通しているものがありますが、出版しました。しかし、これらは全部、正本堂に関連していることであり、その理由があって書いたのです。つまり正本堂の意義付けを含め、田中智学とうり二つの浅井の考え方を破り、また本来の在り方をも示しつつ、さらに創価学会の考え方の行き過ぎをもやや訂正をするというように、色々と複雑な内容で書いたわけであります。」(大日蓮平成十六年十一月号五四頁)

と述べられている。この仰せのように、正本堂の意義付けの問題の解決の方途として、日達上人の御指南を賜り、本宗戒壇の本来の在り方を示しつつ、両者の行き過ぎや邪義を矯正破折するとともに、宗内の見解を統一善導するために、日顕上人は二書を執筆遊ばされたのである。

汝は

〝御遺命を破壊〟

とか

〝正本堂が御遺命の戒壇に当るかのごときたばかり〟

と悪口するが、それが大邪見であることは明らかである。

ただしその二書における信徒に対する慰撫教導は、正本堂建立という事相に即したものであったために、池田創価学会が謗法となった今日から見れば、「行き過ぎや書きすぎもあった」と日顕上人は訂正遊ばされているのである。

しかし、汝の田中智学流の国立戒壇に対する破折は厳然たる正義であり、自らの邪義を破折善導賜った大恩を少しも覚らずに、恨みを抱いて悪口誹謗に終始する汝は、救いようのない大莫迦者である。

■■■■■■■■■■■

日顕上人は貫首の立場であっても、過去はしっかり訂正されてるのに、メタボは自分の発言を絶対訂正しないよね

上塗りして誤魔化すだけ

プライドが高すぎるから、間違いを認めたくないんだよね

しかも他人の話を聞かないで、言いたい放題言うだけ

頑迷頑固さは偽本尊拝む罰だろうな

スポンサーサイト

2010-12-17 : あっつぁの顕正会体験記 : コメント : 1 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Re:
浅井は絶対に頭を下げませんよ(^_^;)

あれほどのひねくれ者はなかなかいませんよ(-"-;)
2010-12-17 01:14 : 浅井SHOEI URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

あっつぁ

Author:あっつぁ
もと顕正会男子部支隊長だった
あっつぁ と申します

破折ブログと言うよりは
顕正会の内情暴露のブログですので
現役会員も元会員もアンチ顕正も
肩肘はらずテキトーにご覧ください

そして全員で顕正会の内部を暴露して参りましょう
http://kensyokameido9.blog50.fc2.com/

最新のコメント

あっつぁ集会総参加人数

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。