スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

〝序──これまでの経緯〟を破折す2


笑わせてはいけない。大聖人、日興上人以来、極理を承継遊ばされる御法主上人が、汝如き愚者との法論を逃げるわけがないではないか。
どこまで頭に上っているのか。我らの破折に対して、まともに返答をすることもできない汝如きが、御法主上人に勝てるとでも思っているのか。
だとしたら汝は救いようのない驕慢者である。

御法主上人は、文底下種の大法を護持遊ばされる尊厳なる血脈承継のお立場にあられる。信徒除名となった驕慢謗法者の汝の薄汚い謀略などに関わることは法を下げることになるがゆえに、汝がいかに悪言を弄して挑発しようと、何の痛痒も感じられず、むしろ哀れな者よと憐愍しておられると拝し奉る次第である。
要するに汝は、御法主上人が本気で法論をなさるに足る存在ではないのだ。

汝の二度にわたる「対決申し入れ」なるものが、到底実現することは有り得ないことを見越した顕正会員向けの狡猾なパフォーマンスであることは、已に我らが指摘したところであるが、これを証明する出来事がある。

日蓮正宗では御法主上人の指揮の下、汝を含む様々な異流義教団を折伏しているが、その中でも総本山塔中理境坊の講中である妙観講では積極的に顕正会への折伏を展開し、顕正会では脱会者が相次いでいたのである。

折伏活動が積極的に展開される中、法華講員に屈服させられてもなお汝を盲信する哀れな顕正会員は、浅井会長なら顕正会の正義を証明してくれると考え、
「浅井先生をお連れするから、大草講頭と浅井先生で、ぜひ、法論をしていただきたい」
と、汝と日蓮正宗法華講大講頭で妙観講講頭の大草一男氏との法論対決を申し出たのである。
大草氏は即刻喜んで受けて立つ旨を顕正会員に伝えたが、汝は今までの経緯からして勝ち目がないと考えたのであろう、さりとて会員の手前逃げるわけにもいかない。そこで汝は宗門が応じるはずのない無理難題を御法主上人につきつけて「対決」なるものを要求し、結果的に大草氏との法論対決の回避を狙ったのである。

つまり〝完全に逃げた〟のは汝なのである。まさに汝こそ〝対決など為し得るはずもない〟卑怯者ではないか。

しかるに汝は己れの下司なることを弁えず、言いたい放題に御法主上人を誹謗する。その汝の悪口雑言は、そのまま〝御本仏大聖人の御心に背〟き奉る舌爛口中の大罪である。

〝大聖人の御裁断を仰〟ぐべきは御法主上人ではない。
〝天魔その身に入った〟三宝破壊の仏敵、汝、浅井昭衛であると告げておく。

以下、順次、汝の悪書をことごとく砕破することとする。


■■■■■■■■■■

メタボはプライドが高すぎて絶対に負けを認めないんですよね

かと言って大草講頭とも過去に何度もぶつかっているから勝ち目はない

会員の不信を抱かさない為にも、考えたパフォーマンスが対決だったんですよね

そんなに対決したいのなら、毎年毎年対決申し入れをすればいいのに、あの一瞬だけで終わってますからいかに思い付きの対決だったかがわかりますよね

しかも宗門側の破折文書は会員に一切公表しないし、インチキなことばかりしてますから本当にアホなメタボですよね

スポンサーサイト

2010-12-15 : あっつぁの顕正会体験記 : コメント : 2 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

いっぺんに2つの更新ですね。
2010-12-15 17:16 : エゥーゴに出資しているネルフ職員 URL : 編集
No title
読んでないけど1番
2010-12-15 16:39 : カラ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

あっつぁ

Author:あっつぁ
もと顕正会男子部支隊長だった
あっつぁ と申します

破折ブログと言うよりは
顕正会の内情暴露のブログですので
現役会員も元会員もアンチ顕正も
肩肘はらずテキトーにご覧ください

そして全員で顕正会の内部を暴露して参りましょう
http://kensyokameido9.blog50.fc2.com/

最新のコメント

あっつぁ集会総参加人数

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。