スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

最後に申すべきことを砕破す 一、〝序──これまでの経緯〟を破折す


汝は悪書の題に、
〝対決を逃避した阿部日顕管長〟
などの妄言を付し、さらに
「序──これまでの経緯」
においては、御法主日顕上人に「三大謗法」があるなどと誹毀した上、過去二回にわたる汝の非道な曲言を破した我らの言を切り文して揶揄し、繰り返し日顕上人を汝の曲言から「逃避」したと讒謗するのである。救い難い愚者とは汝のことである。
日蓮正宗総本山大石寺には、御本仏日蓮大聖人の御法魂にまします本門戒壇の大御本尊と、血脈付法の御法主日顕上人が厳然と在し、日本はもとより全世界の信徒を御教導遊ばされている。御法主上人を謗法呼ばわりし、尊厳なる日蓮正宗の下種三宝を軽毀する汝の悪言こそは、一切衆生の成仏の道を覆い隠す「たばかり」の最たるものではないか。
すなわち汝の三悪言とは、
まずその一は、「御遺命の破壊」との悪言である。
汝は「国立戒壇」への我執から、日顕上人御著述の『国立戒壇論の誤りについて』と『本門事の戒壇の本義』の二書を「悪書」呼ばわりする。だが大聖人一期の御遺命が、広宣流布の暁の国主立戒壇の建立であることは『一期弘法抄』『三大秘法抄』の聖文に明々白々ではないか。

ただし日顕上人は両書中の正本堂の意義付けに関する部分については、これを当時の広宣流布進展を慰撫教導された御指南に基づく内容ではあったが、今日から見れば行き過ぎがあったと虚心坦懐に訂正遊ばされたのである。

それも創価学会の謗法化により、その広布進展の事相が消滅した今日においては、論ずること自体が不毛であることは、先に我らが汝に教えたとおりである。
日蓮正宗は、清浄なる法華講員により荘厳なる奉安堂を建立し奉り、本門戒壇の大御本尊を御安置申し上げて、御遺命の「一天四海広宣流布」の時を目指して、僧俗一致の大前進を開始しているのである。汝ごときに因縁をつけられる謂われは寸分もない。むしろ御遺命を破壊しているのは、御法主上人の御指南に背き、邪宗徒田中智学の創唱した「国立戒壇」に固執して、これを金科玉条とする汝なのである。

次にその二は、「戒壇の大御本尊に対し奉る誹謗」との悪言である。先の破折でも詳述したが、昭和五十三年二月七日付けの通称「河辺メモ」については、メモを記した本人の河辺慈篤師が自ら、メモは誤解を与えるような内容であるが、あくまでも本人だけが見て分ればよい個人的な書き付けであり、その真意は創価学会が誹謗するような、

御法主上人が戒壇の大御本尊を〝偽物〟と断じたものなどではないことを明確に証言している。
また御法主日顕上人も、当然そのような発言を否定しておられる。当事者のお二人がそのように述べられているのである。
第三者の汝が口を差し挿むことではあるまい。

さらにその三は、
「謗法与同」との悪言である。
汝は日顕上人が「身延の謗法僧を大石寺に招いた」かのごとく欺瞞する。

これも既に破折したところである。すなわち他宗他門の者に大石寺見学を許可するのは、古来のあり方であり、一切衆生救済を目的とする本宗の宗是に則ったものであることは自明である。道理に外れた下らぬ悪言を恥じよ。

汝は以上の三悪言をもって、御法主日顕上人を誹毀讒謗するが、そのすべてが非道理の許しがたい謗言であり、「たばかり」である。

しかして汝は、かかる「たばかり」を論拠として、日顕上人に「対決申し入れ書」なるものを二度にわたり送付した。
しかもそれは対決後の「責務」として、
「顕正会解散」と、「御開扉中止・御法主上人御退座」
とを同列に並べて要求するという馬鹿げたものであった。
一謗法在家団体に過ぎぬ顕正会ごときと、御本仏日蓮大聖人以来の血脈法水を承継遊ばされる尊厳なる御法主上人のお立場、及び一閻浮提の一切衆生を御戒壇様に御目通りせしめ、謗法罪障を消滅せしめるという、衆生化導の大事たる御開扉とを同列に並べて、これを勝負の材料にするとは、汝は何たる痴れ者か。

我ら日蓮正宗青年僧侶邪義破折班は、かかる汝の言を徹底して破折したところ、汝は今回の悪書において、我らを「支離滅裂で下劣」「虚言と悪口を並べただけ」と誹謗し、あろうことか御法主日顕上人猊下に対し、「対決など為し得るはずもない」「逃避した」「完全に逃げた」と嘲笑している。

■■■■■■■■■■

あっつぁブログでも悩乱会員は全く同じなんですよね

正論に答えられずに、勝手に勝利したと思い込む

会長が会長だから下も同じなんだよね

スポンサーサイト

2010-12-15 : あっつぁの顕正会体験記 : コメント : 1 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Re:
1番ゲット。
2010-12-15 16:43 : カラ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

あっつぁ

Author:あっつぁ
もと顕正会男子部支隊長だった
あっつぁ と申します

破折ブログと言うよりは
顕正会の内情暴露のブログですので
現役会員も元会員もアンチ顕正も
肩肘はらずテキトーにご覧ください

そして全員で顕正会の内部を暴露して参りましょう
http://kensyokameido9.blog50.fc2.com/

最新のコメント

あっつぁ集会総参加人数

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。