スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

折伏戦隊ケンショーレンジャー☆2

【折伏戦隊ケンショーレンジャー☆2】


全国のケンショーレンジャー・ファンのみんな~!(いるのか?)5人の無謀な戦士たちがハタ迷惑にも帰って来たぞ~


--------------------


①ケンショーレッド・城衛

必殺技★ギャラクティカ・スペシャル・ジェット・ボルト・テリオス(ただの左ジャブ)


②ケンショーブルー・佐藤

必殺技★タクト・タイフーン(タイフーンとか言いつつソヨ風しか起きないが蚊くらいなら叩き落とせる)


③ケンショーイエロー・浅井

必殺技★いいですか催眠術(立てた指から放たれる波動は全日本人のほんの一部だけを洗脳する)


④ケンショーピンク・礼子

必殺技★礼子クロー(握った急所は必ず昇天させるという恐るべき魔性の指)


⑤ケンショーグリーン・横田

必殺技★え~、こんな地味なヤツの技なんか考えるのもメンドイよ~。とりあえず横田パンチでい~や


--------------------


(後楽園ゆうえんち・特設ステージ)

司会のお姉さん「それじゃあ、ケンショーレンジャーを呼びましょうね~!大きな声で~、せ~の!」

シーン……(ヒマな子供がひとり見てるだけ)

横田「グリーン・横田です。こんにちは」
礼子「ピンク・礼子よ~。オッホッホッ」
浅井「イエロー・浅井です。ど~です」
佐藤「ブルー・佐藤だ~っ!たのんます」
城衛「レッド・城衛ただいま参上!5人そろって……」
5人「ケンショーレンジャー!!」

ピコピコピコ……(子供はゲームやりだす)

お姉さん「……ああ、皆さん。今日はもういいですよ。これ出演料です。お疲れさまでした」
城衛「えっ、たった5000円?これじゃエキストラだよ~。チェッ!」
浅井「いいですかー。これは財の功徳です」
礼子「うわあ、イエローって心ひろ~い♪ダメよ、レッド。お坊っちゃまみたいな事を言っちゃ」
横田「有難い。有難い」
佐藤「焼肉が食えるぜ」
城衛「お、おお、身震いの大感激……うっ!みんな、ちょっと待て!向こうから悲鳴がっ!」

ゴオォォォー きゃあぁぁぁ~(ジェットコースター)

浅井「見てご覧なさい。電車が暴走しております」
横田「まさか、大罰の仕業!?」
礼子「乗客たちが危ないわ!」
佐藤「大罰め、許せねえ!」
城衛「電車を止めるんだ!行くぞ、みんな!」
4人「おうっ!」

ダッダッダッダッ……ザシャッ!

5人「ケンショーブローック!!」

(レール上で組体操・扇)

ド~~~ン!!(轢かれて吹っ飛ぶ)



城衛「う……うう……みんな無事か……?」
佐藤「痛いよぉ……。鼻血がぁ、グスン……」
横田「で……電車はどうした?」
礼子「ダメよ!暴走を続けてるわ……」
浅井「いいですかー。電車を止めるにはブレーキが一番だと思いますが、皆さんどうでしょう?」

パチパチパチパチ……

城衛「なんと卓越の大見識!」
横田「つまり、電車に飛び乗る作戦ですね。危険ですが……」
佐藤「危険もクソもあるか!俺達がやるしかないぜ!」
礼子「覚悟は出来てるわ。なんとしても大罰を倒すのよ!」
城衛「よし!やるぞ、みんな!」
4人「おうっ!」

ザシャッ!(レール上で待ち構える)

城衛「みんな、分かってるな?」
浅井「いいですかー。大罰を倒すブレーキは電車の内部にあるのですよ」
横田「電車が来たら飛び乗る……」
礼子「そして電車に潜入する……」
佐藤「ブレーキを探しだして電車を止める……」
城衛「チャンスは一瞬だぞ……」

ゴオォォォー(コースター迫る)

城衛「電車が来たぞ!今だっ!」
5人「ケンショージャーンプ!!」

ド~~~ン!!(イエロー失敗)

浅井「あ~れ~っ!……」
城衛「ああっ!イエローっ!」
横田「イエローが飛ばされた~!」
佐藤「イエロー、仇は必ず……」
礼子「わ、私のイエロォォォーっ!(大泣)死ぬ時は一緒よお~!え~いっ!」

バッ!(ピンク飛び降りる)

城衛「ああっ、ピンク!君まで……」
横田「これ以上の犠牲は……」
佐藤「お、俺……やっぱ怖い……(失神)……」

フラッ!(ブルー落っこちる)

城衛「みんな……逝ってしま……いひ、ひひひ……(壊)……」

ピョン!(レッド跳ね落ちる)

横田「ブルー!レッド!くっ、なんと非情な戦い……。だが、私だけでも使命を果たしてみせるぞ!」

ストッ!(先頭の女性客の隣に座る)

横田「………………」
女「きゃあ~、なんなのよ~っ!」
横田「お嬢さん、今日は心地よい秋晴れですね。しかし、暴走運転はいけませんよ。さ、ブレーキを踏んで……」

ナデッ!(ふともも触る)

女「いやぁぁぁ~っ!」

バキッ!(女性のパンチ。グリーン吹っ飛び)

横田「み、みんな~っ!私も今いくぞぉぉぉ………………」


(閉園後の遊園地)

城衛「みんな無事で良かった……」
佐藤「俺達はケンショーだぜ。不死身なのさ、へへっ!」
横田「暴走電車も夜になったら止まりましたね」
礼子「強敵だったけど、おとなしくしてればカワイイわね、電車さん♪」
浅井「私達の戦いで奇跡が起こったと思いますが、皆さんどうでしょう?」

シ~ン……

浅井「あ……あのぉ、拍手は……?」
礼子「イエローったら、おっかし~い。くすっ♪」
佐藤「おいおい、手錠されてちゃ拍手は出来ね~ぜ。あ?」
横田「確かに、これでは難しいですね」
城衛「一本とられたな、イエロー」
浅井「う~ん、まいっちんぐ!」

(大爆笑)


……ケンショーレンジャーの死闘は終わった。夜中の静まった遊園地からは、人々の悲鳴も、暴走電車の轟音も消え去った。ケンショーレンジャー達の平和な笑い声と、パトカーのサイレンだけが響きわたっていた……
スポンサーサイト
2005-01-01 : ポテンヒットさんの部屋 : コメント : 1 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント


続編のリクエストが来て第2話を書いたんだよなぁ。続編なんてゼンゼン考えてなくて勢いだけで書いたけど、お題をもらったってのがヒントになったかな~。戦隊ならチビッコの人気者・ヒーローショー・遊園地っていうベタな発想だったけど(^_^;)
2009-09-10 00:37 : ポテンヒット URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

あっつぁ

Author:あっつぁ
もと顕正会男子部支隊長だった
あっつぁ と申します

破折ブログと言うよりは
顕正会の内情暴露のブログですので
現役会員も元会員もアンチ顕正も
肩肘はらずテキトーにご覧ください

そして全員で顕正会の内部を暴露して参りましょう
http://kensyokameido9.blog50.fc2.com/

最新のコメント

あっつぁ集会総参加人数

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。